【ペットボトルも収納】KDSTランニングウエストポーチをウォーキングで試した

ポーチ

みなさん、楽しくウォーキングしてますか!

冬は乾燥しますから、ウォーキングをしていると喉が乾いてきますね。

喉をうるおすために、ペットボトルを入れて歩いても負担にならないウエストポーチがあったらいいなと思って探していました。

「KDST」ランニングウエストポーチ
これは快適で便利!

このポーチをウォーキングで使ってみたのでレビューします。

【この記事でわかること】

  • こんなに快適で便利なウエストポーチがあったんだ!
  • シニアウォーカーにおすすめなわけ
  • 「KDST」ウエストポーチがおすすめの人、おすすめでない人

■この記事を書いた人   

 キーボー : ウォーキング歴、足掛け20年のベテランウォーカー

ウォーキングにKDSTランニングポーチを選んだ6つの理由

普段のカジュアルポーチは、あまりウォーキングにおすすめしません。

KDSTランニングポーチを選んだ理由が、大きく6つあるのでご紹介します。

ランニング中に「ズレない・揺れない・邪魔にならない」はウォーキングでも効果的!

こちらをご覧ください。

私がいま使用している2つのポーチ画像のイメージ
私が使用していた2つのポーチ

これは、わたしが以前ウォーキングで使っていたポーチです。

実はこのポーチ、普段使うカジュアルポーチなので、ペットボトルを入れて歩くとかなり揺れてしまいます。

これが2km・3kmとなると、ボトルの揺れで肌がスレて痛くなったり、バチャバチャいう音を不快に感じたりします。

そこで、ウォーキング中もズレない、揺れない、邪魔にならない、三拍子揃ったポーチがないか、探したのです。

これだ!

というポーチを見つけました。

それが軽量で揺れないKDSTランニングポーチです。

軽量で揺れない、ランニングポーチなら、「ウォーキングではさらに揺れないだろう」と考えました。

薄型で軽量、高品質のゴムベルトと伸縮素材で体にピッタリフィット

どんなポーチなのかワクワクしながら封をあけました。

KDSTランニングポーチ封筒の中身の画像イメージ
KDSTランニングポーチ封筒の中身

黒色のケースには、ポーチと保証カードが入っています。

薄型軽量高品質のゴムベルト使用はとてもしっかりとしており、ご覧のようにかなり伸縮性があります。

だから体にピッタリとフィットするんですね。

ゴムベルトの伸縮性を具体的に示した画像のイメージ
ゴムベルトの伸縮性を示す

商品の重量、サイズはご覧の通りです。

 小ポケット  12cm
 大ポケット 24cm 
 幅(ベルト高さ)   6cm
 重量 90g
 材質 ナイロン
 ウエスト 約60cm~110cm

ペットボトルが入る大容量ウエストポーチ

このポーチには大小のポケットがついています。

その大ポケットに、350mlのペットボトルが入るというんです。

そうは言っても、こんなに薄ペッたいポーチに「本当にペットボトルが入るの?」と信じられませんでした。

ところがちゃんと入るんです。

350mlペットボトルを入れる様子を撮った画像イメージ
350mlペットボトルがベルトの大ポケットに入る様子

画像では、ペットボトルの緑キャップが残っていますが、ファスナーはちゃんと最後まで締まりますのでご安心ください。

実際に妻に付けてもらってみましたが、まったく違和感がなく、ベルトをつけているだけのようでした。

ペットボトルが入ったポーチを付けた後姿画像イメージ
ペットボトルが入ったポーチを付けた姿を横から撮った画像イメージ

私も装着してみましたが、単にベルトをしているようなものです。

大型スマホも入る

ペットボトルが収納できる大きなポケットは、6.5インチの大画面のスマートフォンも入る、ということです。

私はスマホがないので、次のような方法で実際に試してみました。

手元にある電子辞書にホッチキス針の小箱をつけて、その長さを測ると約172mmです。

これはスマホの縦の長さに相当します。

電子辞書にホッチキス針の小箱をつけて、スマホにみたて、縦の長さを測っている画像イメージ

172mmはインチにすると、6.77インチですから、これが入れば6.5インチのスマホも入るでしょう。

横幅は約82mmになります。

電子辞書にホッチキス針の小箱をつけて、スマホにみたて、横の長さを測っている画像イメージ

厚みは約14mmです。

書をスマホにみたて、厚みを測っている画像イメージ

このようにピッタリ収納することができました。

スマホにみたてた電子辞書をポーチの大ポケットに収納してる画像イメージ
スマホにみたてた電子辞書をポーチの大ポケットに収納しファスナーを締めた画像イメージ
 収納可能な機種(参考)       サイズ
 電子辞書+ホッチキス針の箱 約6.77インチ  約82mm x 約172mm x 約14mm 
 Xperia 1 Ⅲ 約6.5インチ  約71mm x 約165mm x 約8.2mm

ですから、6.5インチ程度のスマホは問題なく収納できるでしょう。

ただし、スマホケースが付いているものは、ケースの外寸を確認されたほうがいいと思います。

夜や早朝のジョギングに蛍光ライン入り

蛍光ラインを示す画像イメージ

このように、まわりが暗くなると蛍光ラインが目立つようになります。

蛍光ラインを明るいところと暗いところとの違いを比較した画像イメージ

そして、光に反射するので

早朝や夜のウォーキングで、ベルトのように単に着けて歩くという使い方もできますよ。

安心の防水仕様

KDSTランニングポーチは、防水設計されたものです。

ティシュをポーチの大ポケットに入れた画像イメージ
ポーチのベルトに水スプレーをする画像イメージ
ポーチのベルトに水スプレーをかけポーチが濡れている画像イメージ
ポーチのベルトに水スプレーをしても中のティッシュは濡れていないよ、という画像イメージ

ウォーキング中のちょっとした雨や、運動で汗をかいても、防水素材とファスナーに防水加工が施されているので、中に入れた物が濡れる心配はありません。

シニアウォーカーにおすすめ!

ズレない、揺れない、邪魔にならない、三拍子揃ったポーチは、シニアウォーカーにはおすすめ!

シニアウォーカーにとって、何としても避けたいのがウォーキング中の転倒や熱中症。

せっかくの健康習慣が、事故や体調悪化で台無しになるのは悲しいですよね。

そうならないよう、季節にかかわらず350mlのペットボトルをストレスなく携行できる
KDSTランニングポーチはおすすめです。

【KDSTランニングウエストポーチをウォーキングで試してみた】まとめ

ウォーキング中、身に付けている感覚はほとんどなし。

なにしろ快適で便利!

メリット

  • 身体にピッタリフィットする
  • だから、ずれない、揺れない、ジャマにならない
  • 350mlペットボトルや大型スマホが入る
  • 蛍光ラインが入っていて、暗い場所でも目立つ
  • 防水処置が施されているので、入れた物が濡れない

デメリット

  • 500mlペットボトルは入らない
  • 多くの物、大きな物は入らない
  • 入れた物によっては装着後の出し入れがしにくい場合もある

ウォーキングをする時は、必要最小限の持ち物にしたいという人にはおすすめです。

逆に、できる限り貴重品を多く持って歩きたいという人には不向きかも。

「KDSTランニングポーチ」を身に着けて、これからも軽快で快適なウォーキングを楽しんでください。

KDSTランニングポーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました